Share this content on Facebook!
18 Nov 2016

高出力カラス退治 レーザーポインター が有利な最大の理由は、色に対する人間の目の相対感度特性にあります。

ご覧のように、人間の目は緑や黄色に対して感受性が高く、赤の光に対してはあまり感受性が高くありません。

このため、同じ光量でも、赤よりも緑や黄色の方がずっと明るく見えることになります。

投影すると、確かに緑のほうがずっと明るく見えます。ちょっと明るすぎるのではないかと思うぐらいです。

デジカメで撮影してお見せしようと思ったのですが、なんとデジカメでは赤のほうが明るく写ってしまいます。いやーびっくりしました。カメラの感度特性はかなり違うんですね。

カラス レーザーポインター

そこで仕方がないので、この写真は「見た目の通り」になるようにコントラストを調整したものです。実際とは微妙に違いますがご勘弁を。

最近、プレゼンテーションの機会がますます増えている。ちょっとした会議や商談でも、プロジェクターを使うことが多くなってきた。

そこで、今回注目するのがレーザーポインター高出力激安だ。すでにおなじみの超強力レーザーポインターは、赤いレーザー光が照射されるタイプだろう。大きな会場でも光がきちんと届くので重宝している。

ところが1年程前に、ある会場でグリーンに光るポインターを見かけた。実は新製品としてグリーンのポインターが登場したことは知っていたのだが、実際に使われている場面に初めて遭遇したのだ。

http://www.laserscheap.com/laserpointer-green-10000mw/p-25.html

赤の高品質レーザーポインターが 有利な最大の理由は、(省略)同じ光量でも、赤よりも赤や黄色の方がずっと明るく見えることになります。研修の時、超強力レーザーポインターはレッド (赤)の方がいいと言われ、会社には赤のものしかなかったのですが、お願いして買って頂きました。確かに先生方はほとんど赤のレーザーですもんね。今回 買って頂いたコクヨのプレゼンテーションマウス。これより、ポインターの形を変えられるタイプがあるので、そちらの方がいいかも~最初は購入伺いを出すの をためらいました。だって、赤いレーザーと比べ、値段が倍ぐらい違うんです。要は、電波と同じく、到達エネルギーは、距離の乗に反比例するということです から、何をもって到達距離と定義するかで、話が変わってきます。拡がりを抑えるには通常ガリレオ式望遠鏡を逆にして絞りあげます。何でこんなに違うんだろ うって調べてみました。まず、赤の違いについて解説している記事がありました。その引用です確かに比べてみると、明るさ(光の玉の大きさ)が違いますから ね。赤を使ったら、赤に戻れない感じです。
さらに、高価な理由としてに書いてありました光学機器としての部品点数が多く、また電子回路も複雑なため、一般的に赤色レーザーポインターよりも高価な傾向がある光の到達距離は、理論上無限です

635~690nmレーザーサイト
レーザーポインターのうち、製造しやすさもあって標準的に普及しているのは赤色レーザーポインターで、波長はおおよそ635~690nmである。なお、この付近の波長では波長が長くなると赤外線(700nm以上)に差し掛かり、短波長側ほど視感度が高い。輝度が向上し明るい映像が得られるプロジェクターではHTPOWレーザーポインターの光点との輝度差が狭まり、クラス2でも650~690nmの製品では認識しにくい場合があるため、より認識されやすい635nm製品が適切となる。製造しやすさの面では650~690nmの半導体レーザー素子のほうが安価に製造できるため、玩具用ないし廉価版製品では同波長帯域のものが主流である。なお後述する緑色レーザーポインターは緑色の背景を持つ映像では同色であることから視認し難いため、この場合は映像内容に合わせ赤色レーザーが選択される。

レーザーサイト

532nm
HTPOW緑色レーザーポインターは、視認性の高さから利用される。レーザーポインターとして一般に利用される製品では法的な出力制限もあるため、同出力でもより「見易い」色のほうが理にかなっているためである。また、外科手術における利用や、先天色覚異常者による視認に関しても赤色レーザーよりも緑色レーザーの方が発見しやすいという意見がある。レーザー手袋 グリーンではDPSS(ダイオード励起固体レーザー)方式の製品が低価格化し普及しているが、光学機器としての部品点数が多く、また電子回路も複雑なため、一般的に赤色レーザーポインターよりも高価な傾向がある。製品グレード(価格帯)により出力安定性や落下時の耐衝撃性に違いがある。特に温度特性が赤色レーザーポインターよりもシビアなので、数百秒以上照射が持続できない製品が低価格品に散見され、長時間照射不可と明記している製品も存在する。なお前述したとおり、同系色の画像ではレーザーポインターの光点が見えにくくなるため、背景色に赤が多い映像では緑色レーザーポインターが選択される。

http://mery.jp/313831



Comments

There isn't any comment in this page yet!

Do you want to be the first commenter?


New Comment

Full Name:
E-Mail Address:
Your website (if exists):
Your Comment:
Security code: